酵素ドリンクファスティングでダイエットを効果的に行うやり方

ダイエットと聞くと、痩身目的や体重の減少が主であると捉えられがちです。しかし、身体に磨きをかけ、健康的に過ごしたいという思いがあるなら、酵素ドリンクを用いたファスティングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。今回は、酵素ドリンクの役割や選び方のコツ、ファスティングの方法などについて紹介します。

 

ファスティングは効果あり?期待できる内容は?

「ファスティング」という言葉は、美容やダイエットに関心がある人の中では少しずつ認知されつつあります。ファスティングについてはしばしば「プチ断食」などと呼ばれており、誰でも気軽に取り組むことができる点がメリットであると考えられています。しかし、今までダイエットを続けることができずに諦めてしまったり、リバウンドを繰り返したりしている人にとっては、ファスティングの効果について疑わしく思っているという人も少なくありません。しかしながら、ファスティングは、正しい方法で行うことでさまざまなうれしい効果が期待できます。まず、ファスティングを続けることで、「ダイエット効果」が得られると言われています。現代の日本人の食生活は欧米化しているといった特徴があります。日本人の中には肉食を中心としている人も見られ、高カロリーな食生活を送っている人も少なくありません。外食やファストフードばかりを常食していると、野菜の摂取量が少なくなってしまうといったデメリットもあります。現代人がファスティングを行うことによって、腸への負担が軽減され、腸を休めることができます。すると、体内がリセットされ、ダイエット効果が得られるというわけです。次に、ファスティングをはじめるまで、高脂肪・高カロリーの食生活を送っていた人は、腸内環境が改善されることが考えられます。腸内の環境が改善されると、「デトックス効果」や「美肌効果」、「アンチエイジング効果」などへの期待が高まります。ファスティング中に腸内の環境が整うと、肌の状態も良くなります。肌のつややハリなどは、肌の若返りのためには欠かせませんから、意識的にファスティングを取り入れることで体内だけではなく、肌の状態も整います。また、ファスティングによって、「免疫力の向上」も考えられます。ファスティングで体内の余分な脂肪や老廃物が徐々に体外に排出されていくと、免疫力がアップします。「風邪をひきやすい」「健康に自信がない」などの自覚がある人は特にファスティングがおすすめです。さらに、ファスティングを行うことで、「五感の向上」も見られると言われています。「五感」とは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のことを言います。ファスティングによって五感が研ぎ澄まされる、集中力がアップするなどという効果も見られます。なかでも、ファスティングを行うことで、味覚の変化を感じたという人は特に多いようです。

 

 

ファスティングでリバウンドするって本当?

「ファスティングでリバウンドをする」ということを聞くと、「食べていないのに太るなんて不思議」と感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、正しい方法に則ってファスティングを実践しなければ、痩せるどころか、リバウンドしやすい身体になってしまいます。ファスティングは「プチ断食」と呼ばれていますが、完全に絶食をしているというわけではありません。モデルやアスリートが行っているファスティングでは、生命の維持のために必要なカロリーやビタミン・ミネラルについては、酵素ドリンクから摂取しています。そのため、完全なる絶食ではなく、この点がダイエットに関心を持つ多くの人に受け入れられているとも考えられています。リバウンドをすることなく、ファスティングで思い通りの効果を得たいなら、ファスティング開始前までにある程度準備期間を設けることがポイントです。ファスティング開始日を決めたら、その数日前には心と身体の準備をするように努めましょう。具体的には、準備期間に糖質の多いものを食べたり、無理矢理長期間にわたるファスティングを行ったりするといった行為は、ダイエットとしては逆効果です。「明日からファスティングをするから、今日のうちに思い切って好きなものを食べておこう」などという考えは厳禁です。ファスティングの準備期間は軽めの夕食にとどめておくことをおすすめします。そして、リバウンドを防ぐためには、ファスティングが終了したからといって、暴飲暴食は決して行わないように、強い意志を持って取り組むことが大切です。

 

注意すべき!ファスティングでありがちな誤解

ファスティングにありがちな誤解として、「ファスティング=断食」と捉える人が多いことが挙げられます。ファスティングは断食といったイメージが根強いことから、ファスティングそのものが危険なものであると思い込んでしまっている人もいます。しかし、ファスティングと断食には明確な違いがあり、ファスティングについては正しい方法で行うことによって健康効果が得られると考えられます。まず、断食については、僧侶が行う修行のひとつを指しています。断食は水のみを飲んで過ごすのが一般的とされる方法です。対して、ファスティングは酵素ドリンクを飲みながら実践する断食法を言います。酵素ドリンクを飲んでいるので、空腹感をあまり感じないのが一般的であると言われています。また、酵素ドリンクを飲むことによって、必要とされるカロリー・ビタミン・ミネラルも摂取することができます。このように、ファスティングと断食は全く異なるものです。ファスティングは酵素ドリンクを飲むことができるので、「空腹に耐えられないのではないか」ということを心配して一歩踏み出せずにいる人は、ぜひ一度チャレンジしてみることをおすすめします。

 

酵素ドリンクは何のため?ファスティングにおける役割

モデルやアスリート、芸能人などが実践していることで注目されているファスティングダイエットですが、ファスティングで飲まれている「酵素ドリンク」は、一体何のために飲まれているのでしょうか。酵素ドリンクを飲む意味がわかると、ファスティングにおける酵素ドリンクの役割が見えてきます。まず、ファスティングの大きな目的のひとつとして、「消化器官の休息」が挙げられます。消化器官を休ませるために、酵素で低分子化している酵素ドリンクは非常に有効な役割を果たしています。酵素ドリンクを飲むことで、ドリンクに含まれている消化酵素を速やかに体内に吸収することができると言われています。また、酵素ドリンクには、デトックスのために必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸の栄養素が豊富に含まれていることから、高いダイエット効果が期待されています。ファスティングで酵素ドリンクを飲むことによって、体内の老廃物や余分な脂肪を体外へと排出することができます。すると、腸内環境が改善され、「新陳代謝が良くなる」「ダイエット効果」「美肌効果」「アンチエイジング効果」などといった現象が起こってきます。消化器官を休ませ、効果的にデトックスを行うために、ファスティングで酵素ドリンクは欠かせないものと考えられます。

 

ファスティングに効果的!酵素ドリンクの選び方

効率良くファスティングを行うためには、酵素ドリンクの選び方のコツを押さえておきましょう。たくさんある商品のなかから、安心・安全で、飲みやすい酵素ドリンクを選ぶために必要な3つのポイントについて解説します。まず、酵素ドリンクそのものが「続けられる味であるかどうか」ということは、非常に大切な問題であると考えられます。ファスティングに欠かせない酵素ドリンクには、多くの種類があります。酵素ドリンクは、「一度飲んだら終わり」というものではありません。そのため、数ある酵素ドリンクのなかから、自分の好みにあった味のものを選ぶことをおすすめします。次に、無添加・無農薬のものであるかどうかもチェックしておきましょう。酵素ドリンクは継続して飲むものですから、やはり安心・安全なものを選ぶ必要があります。最後に、酵素ドリンクの原材料の産地を開示しているかどうかも、確認すべきポイントと言えます。原材料の産地を開示しているということは、安心につながるとともに、産地にこだわっているということにもつながります。酵素ドリンクの原材料については、放射能の影響等を心配している人も少なくありません。こういった観点からも、原材料の産地の開示については、重要視するに値すると考えて良いでしょう。ファスティングに用いる酵素ドリンクの選び方を通して、「食」に対する意識を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

ファスティングの基本!3つの手順とは?

難しく考えられがちなファスティングですが、3つの手順を知っておくことで、誰でも簡単に気軽に取り組むことができます。まず、ファスティングを始める前に「準備期」を設けましょう。準備期に必要とされる期間は、1週間程度を目安とします。準備期では、少しずつお腹を軽くしていくことがポイントです。外食やファストフード、スナック菓子などを常食としている人は、準備期の間は控えましょう。意識的には、「軽めの夕食」と思って構いません。ファスティング期に入る直前に、「明日からプチ断食するから、今日はいいや」と軽く考えて、暴飲暴食をしたり高脂肪・高カロリーの食事をしたりすることは絶対に避けるべきです。お腹を軽くする準備期が終わったら、次はいよいよ「ファスティング期」です。ファスティング期には、酵素ドリンクを飲むことによって消化器官を整え、老廃物や余分な脂肪を体外へと排出していきます。酵素ドリンクの飲み方については、3日間3食とします。酵素ドリンクだけでは水分が不足しますので、水も1日2リットル程度は飲むように気を付けておきましょう。「3日間3食酵素ドリンク」と決めて取り組んでいると、水分の摂取を忘れてしまいがちです。「水太りが心配だから水は飲みたくない」と考える人もいますが、水は生命維持のためには欠かせません。1日2リットル程度の水は、必ず飲むようにしましょう。ファスティングの最後は、「回復期」です。回復期は、ファスティング期に休めた内臓をもとに戻すために必要な期間です。1週間程度をかけて、ゆっくりと食べ物をもとに戻していきます。回復期の食事については、まずは重湯からはじめ、内臓に負担をかけないような食事の摂取を心がけましょう。

 

実はやり方がさまざま!短期集中のファスティング

ファスティングには、実はさまざまなやり方があります。「ちょっと興味がある」という人は、短期集中のファスティングからはじめてみることをおすすめします。短期集中のファスティングは、3日間のファスティングの他に、1日だけファスティングをするケース、半日だけのお試し感覚のファスティングをするケースなどがあります。例えば、1日限りのファスティングであれば、仕事やプライベートで忙しい人であっても気軽に取り組め、生活にも大きな支障はないと考えられます。1日だけですから、ファスティングが初めてという人であっても、我慢できないほどの大きな空腹を感じることもあまりないのではないかと考えられます。短期集中型のファスティングは、初心者向きの方法です。そのため、ファスティングに定期的に取り組んでいる経験者は、物足りなさを感じてしまうかも知れません。個人差はあるにせよ、短期集中のファスティングでも、身体の変化を実感している人は少なくありません。1日程度のファスティングでは、ファスティングの期間があまりにも短いと感じる人も多く、「本当に効果があるのか」ということがしばしば心配されます。しかし、実際にファスティングに取り組む期間は短くても、何かしらの効果は感じられます。食への意識や関心が高まったという人もいれば、体調の変化や美肌効果を感じたという人もいます。こういった身体や意識の変化からもわかるように、ファスティングはたとえ短期間であっても、気軽に取り組むことで得られるメリットは大きいと言えます。

 

ファスティング成功のために!ポイントをしっかり抑える

ファスティングを成功に導くためには、ファスティングの手順やポイントをしっかりと押さえて取り組むことが大切です。ファスティングに関しては、「適当に食事制限をすればいい」というものでは決してありません。また、ファスティングについての正しい知識を持たないまま、絶食を続けるようなことは絶対に回避するべきです。ファスティングは、準備期・ファスティング期・回復期に行う事柄を守って、正確に取り組むことで効果が得られます。また、ファスティングで飲む酵素ドリンクも、自分に合ったものを選ぶと、ファスティングそのものに楽しく取り組むことができます。ファスティングに興味がある人は、まずは短期集中で試してみることをおすすめします。

 

更新履歴